金沢主計町(石川県金沢市)

金沢には「東廓」「西廓」の他に、「主計町」と呼ばれる花街が存在していた。

他2者と異なるのは、公認の遊郭地ではなかった点。

但し、内容は2つの遊郭とほとんど変わらず、芸妓が娼妓と同様のことを行っていたようだ。

戦前の規模は「三十八軒、芸妓九十名程」というものだった(『全国遊郭案内』より)。

戦後は30名程に落ちたが、現役花街として健在。


浅野川大橋から主計町を眺める。

川沿いに茶屋が建ち並んでいるのが見える。

川沿いの通りが主計町のメインストリート。

「東廓」「西廓」と異なり、日中は人通りが少ない。

ほとんど観光地化に力を入れていないのが却ってじっくり散策できる街並みとして残ったのだろう。

浅野川に架かる木製の橋

現在は歩行者専用に。

主計町の見番所

あかり坂上からの眺め

狭い路地にも茶屋がぎっしり並ぶ。


あかり坂

主計町から商業地の尾張町へ通じる坂。

主計町のお得意さんは尾張町の商人たちが多かったと思われる。

くらやみ坂

主計町の狭い路地の街並み


2015年7月 訪問