立石(葛飾区立石)

昭和20年6月、亀戸で被災した業者の一部が移転して営業を開始、終戦直後に進駐軍向けの慰安施設(RAA)に指定され、その後赤線に移行。

『全国女性街ガイド』によれば、「六十件、約三百名のこじんまりとしたところ」だったという。

カフェー街とは別に、のちの「呑んべ横丁」となる闇市上がりのマーケットがあった。



2014年12月 訪問