中村遊郭=名楽園(名古屋市中村区)

大正12年、それまで大須観音近くにあった旭遊郭を移転する形で開業。

伝統的な妓楼の造りに加え、アールデコ調のモダンな意匠も取り入れられるように。

『全国遊郭案内』によれば、「貸座敷は百三十九軒あつて娼妓は千六百五十人」。

戦災に遭うこともなく景観を変えることなく、戦後に「名楽園」という名で赤線に移行。

『全国女性街ガイド』のよれば、「日本一の貫録を持つ」とされ、「八十八軒、八百四十三名」。

なお、名古屋には他に「城東園」「八幡園」「港陽園」という赤線街が存在した。


大門


大門通りと東西の目抜き通りが交わる場所。

ショッピングセンターの真ん前に特殊浴場。

大門町

医療法人の看板があるが、現在は利用されていない妓楼建築。

大門町

かつてビジネス旅館として利用していたが、現在は蕎麦屋。

大門町

上写真の妓楼の隣に建つアールデコ調の妓楼。

大門町

妓楼と特殊浴場が並ぶ。

大門町

特殊浴場の店舗だが、よく見ると妓楼を利用しているのがわかる。

寿町

名古屋市都市景観重要建築物に指定された妓楼建築「長寿庵」。

残念ながら解体された。

上写真・長寿庵の壁のレリーフ

寿町

1階の格子窓の下に市松模様のタイルが貼られ、妓楼建築の面影を残す。

日吉町

旧「一徳」。

名古屋市都市景観重要建築物。

料理旅館を経て、現在はデイサービスセンターとして利用。

日吉町

旧「稲本楼」。

名古屋市都市景観重要建築物。

日本料理店を経て、現在はデイサービスセンター「べんがら亭」として利用。

文字通り、ベンガラ色が映える妓楼建築。

寿町

遊郭西端の通りに面している妓楼とカフェー建築が並ぶ遊郭遺構。

旧ツルノヤ・春福楼。

遊郭近くに建つ映画館。

屋根の部分をよく見ると、モダンなレリーフが施されているのがわかる。

現在こそ成人映画館だが、戦前は芝居小屋だった。

訪問 2014年3月