港陽園(名古屋市港区)

『全国女性街ガイド』による記述

「戦前の稲永廓がちょっと移転したもので四十七軒に二百二十名。」

「稲永廓」は中村遊郭とともに名古屋にあった稲永遊郭で、戦後にその業者が移転して赤線に。

昭和32年11月から同32年12月まで営業と、売春防止法施行前に廃止。


当時の港陽園は、ロータリーを中心に区画されていた。『色街百景』では出ていた「港新世界商店街」の看板は撤去されていた。
当時の港陽園は、ロータリーを中心に区画されていた。『色街百景』では出ていた「港新世界商店街」の看板は撤去されていた。
暖色系の豆タイルで装飾された「かもめ荘」全景。
暖色系の豆タイルで装飾された「かもめ荘」全景。
アパートの前は旅館だったのだろうか。手書きで「かもめアパート」と上書きされている。
アパートの前は旅館だったのだろうか。手書きで「かもめアパート」と上書きされている。
市松模様で豆タイルの装飾がされている「かもめ荘」の玄関
市松模様で豆タイルの装飾がされている「かもめ荘」の玄関
欄間にはかもめが飛来している透かし彫りが
欄間にはかもめが飛来している透かし彫りが
スナックが入っているカフェー建築
スナックが入っているカフェー建築
上記写真の建物の裏側。雨にもかかわらず、2階に洗濯物が干してあった。
上記写真の建物の裏側。雨にもかかわらず、2階に洗濯物が干してあった。
高速道路の脇にも妓楼が残っていた。
高速道路の脇にも妓楼が残っていた。
周囲から高層マンションが迫っている。
周囲から高層マンションが迫っている。

2014年3月 訪問