熱海(静岡県熱海市)

「貫一とお宮」像
「貫一とお宮」像

古くからの温泉街で、明治時代から別荘地としても栄えてきた。

「東京の奥座敷」として、戦後は新婚旅行や慰安旅行の目的地としても利用、大箱のホテルや旅館も建つようになってきた。

歓楽温泉街として繁栄してきた名残りが今も見られ、昭和レトロを体感できる街並みとなっている。

※糸川べりの旧赤線についてはこちら

※起雲閣についてはこちら


熱海銀座

熱海のメインストリート。

熱海銀座に面している旧映画館

昭和30年頃、映画館は3軒存在していた。

中でも「国際」と「ロマン座」はレイトショーを上映していたといわれる。

現在「ロマン座」の看板は存在せず。

熱海銀座に存在している建物

らせん状のコーナーが見られるが、昭和30~40年代のものか。

熱海銀座に面して建つヌードショー

 

温泉街らしく、ストリップ劇場だけでなく射的場もある。

熱海商工会議所(以下2枚)

イオニア式の付け柱を施した銀行建築。

昭和初期築か。

渚町の街並み(以下3枚)

特殊浴場の裏手には飲み屋横丁が広がっている。

かつては「青線」だったと思われる。

渚町の「旧青線」にもカフェー建築が残っている。

中央町の街並み

浜町通りの街並み

手前のレストランは現存せず。

古い旅館のゲートが残る路地

熱海は坂の街でもあり、高低差が激しい。

熱海サンビーチ

サンビーチの前には旅館の廃墟が痛々しく残っている。

レジャーの多様化も相まって、熱海も例外なく大型旅館の閉店が多い。

起雲閣近くの街並み

写真店の建物は戦後築か?

熱海城

昭和34年築

歴史的建造物ではなく、レジャー施設。

熱海秘宝館

数少ない現役の秘宝館。

温泉街に当たり前にように存在していた秘宝館だが、その数は激減している。

熱海秘宝館の内部

これより先は撮影禁止の「聖地」ならぬ「性地」

熱海城から望む熱海市街の街並み


2014年2月 2015年9月訪問