鶴見(横浜市鶴見区)

京浜工業地帯の中心市街。

京急鶴見駅の東側には、工場関係の重役クラス向けの「鶴見三業地」と呼ばれた花街が戦前から戦後にかけて存在。

一方、鶴見川を渡った先の鶴見本町には「鶴見入船カフェー街」と呼ばれた青線も存在。

工業労働者向けの色街と思われ、現在もその名残りが見られる。

ただし、いずれもはっきりとした資料が存在しておらず、詳細は不明。


京急鶴見駅前の商店街「鶴見銀座」

通称「ベルロード」。

この商店街の裏地に「鶴見三業地」が存在していた。

鶴見銀座裏手の歓楽街

かつての「鶴見三業地」。

花街としての名残りは皆無。

工業労働者向けの歓楽街と化している。

昭和40~50年代のものと思われる「大人のサロン」も見られる。

「鶴見三業地」は昭和40年代まで存続していたが、後に工業労働者向けの歓楽街と化していく。

飲み屋が入るソシアルビル

建物の古さ具合から昭和40年~50年代のものか。

上記ビルの入り口

看板に「三業」の文字があり、この地が「三業地」だったことを物語る。

歓楽街から外れた場所に見られる建物

かつて「芸妓置屋」だったのだろうか。

唯一「名残り」と思われる物件ではないか。

鶴見川

潮見橋上から撮影

鶴見本町商店街

「鶴見入船カフェー街」は、この商店街の先に存在していた。

商店街を抜け、交流プラザの裏に手に回ると、変わった外観の建物が見られる。

1階をカフェー風に改装したと見られる建物

豆タイルが鮮やかに残るカフェー建築(以下2枚)

上記物件の裏手には小料理店が並ぶ一角がある。

上記物件裏手に見られるカフェー建築

カフェー風店舗と思われる建物(以下2枚)

青線の名残りと思しきスナックが建ち並ぶ街並み

旧カフェー街の街並み

売防法施行後も歓楽街としてそのまま残ってきたのだろう。

カフェー街入り口の商店街にもこうした看板建築が見られる。


2016年1月 訪問